Loading Events

« All Events

  • This event has passed.

Supporting Minorities in Japan – Reflecting on the 25 Years of the Bazaar Café 少数者に寄り添ってきた《バザール・カフェ》

November 8, 2023 @ 11:30 am - 1:00 pm

NFSJ Café #31 “Supporting Minorities in Japan – Reflecting on the 25 Years of the Bazaar Café”
第31回NFSJカフェ「少数者に寄り添ってきた《バザール・カフェ》25年の歩み」
(英語開催:日本語の説明は英語の下にあります)
Located in the heart of Kyoto, 《Bazaar Cafe》 is a wonderful place that boasts stylish ethnic lunches. At first glance, it looks like an ordinary café, but in fact, it has been operated to support people with various difficulties, such as shut-ins, addicts, sexual minorities, and migrant women. We welcome Ms. Martha Mensendiek, who has been involved with this cafe since its establishment and has been supporting mainly migrant women for many years at Kyoto YWCA and other organizations.
Since the 1980s, female survivors who have continued to live in Japan despite being victims of human trafficking and domestic violence are now facing new challenges due to the aging of the population. Martha, also a member of the Solidarity Network with Migrants Japan (SMJ) with whom NFSJ has been working with in the Japan Network Against Trafficking in Persons (JNATIP), will share her most important message to Japanese society. Please join us.
《Date & Time》November 8, 2023 (Wed.) 19:30~21:00
《Place》Online (Zoom)
《Language》 Mainly English (Japanese can also be used in Q&A.)
《Admission》 Free *Please make a reservation
《Reservation》Use the link below to fill in the reservation form. We will send the Zoom link to your email address 2 hours prior to the event. https://forms.gle/tcwc4v47iYZifWmx5
《Guest Speaker》 Ms. MarthaMensendiek
Associate Professor, Doshisha University, Department of Social Welfare
Representative of “Bazaar Café”
Born in New York, raised in Sendai Japan. Graduated from Earlham College, and Master of Social Work from University of Hawaii, School of Social Work. Past work experience include caseworker at HELP Shelter in Tokyo, Kyoto YWCA, and Interagency for Immigrant Services, in Honolulu Hawaii.
Research interests include International Social Work, social work practice with immigrant communities, culturally anchored social work practice, domestic violence, substance abuse, human trafficking and community organizing.
Sponsored by Not For Sale Japan, which works on issues of human trafficking and modern slavery, NFSJ Café is a casual learning experience where interested participants and NFSJ staff talk about a theme or watch a film over a cup of tea. Please feel free to join us.
Contact: [email protected]
第31回NFSJカフェ「少数者に寄り添ってきた《バザール・カフェ》25年の歩み」
京都の中心部にある《バザール・カフェ》は、おしゃれなエスニック・ランチが自慢の素敵な場所。一見普通のカフェだけれど、実は、引きこもりや依存症、性的少数者、外国籍女性など、様々な困難を抱える人々をサポートするために運営されてきたお店です。このカフェに設立当初から関わり、京都YWCAなどで長年、主に外国籍女性の支援を続けてこられたマーサ・メンセンディークさんをお迎えします。
1980年代以降、人身取引やDVの被害を受けながらも日本で生活を続けてきた外国籍のサバイバー女性たちは、今、高齢化による新たな課題に直面しています。NFSJが人身売買禁止ネットワーク(JNATIP)で活動を共にしている「移住者と連帯する全国ネットワーク(移住連)」のメンバーでもあるマーサさんが、今、日本社会に一番伝えたいことを伺います。ぜひご参加ください。
《日時》 2023年 11月8日(水)19:30~21:00
《場所》 オンライン (Zoom)
《使用原語》 英語 (Q&Aは日本語可)
《参加費》  無料 *要・参加申込
《申込》下記のリンクから参加申込のフォームにご記入ください。当日開始2時間前までに、ご登録いただいたメールアドレス宛にZoom参加用のURLをお送りいたします。
https://forms.gle/tcwc4v47iYZifWmx5
《講師》 マーサ・メンセンディークさん 同志社大学 社会学部 社会福祉学科 准教授
アメリカ・ニューヨーク生まれ。3カ月後に来日、仙台で育つ。アメリカのアーラム大学で社会学を専攻。ハワイ大学スクール・オブ・ソーシャルワークの修士課程終了。1996年より同志社大学の専任教員。専門は国際社会福祉、マイノリティと福祉など。
活動:バザールカフェ代表。京都YWCAの会員。外国人電話相談窓口(APT)で支援活動を行っている。移住者と連帯する全国ネットワーク(移住連)会員。同志社大学のサークル、「国際居住研究会」(通称:ハビタット)顧問。
NFSJカフェは、人身取引・現代奴隷問題に取り組むノット・フォー・セール・ジャパンが、関心ある参加者と共に、お茶を飲みながら1つのテーマについて話したり映画を観たりする、カジュアルな学びの場です。お気軽にご参加ください。 (新型コロナウィルス対策のため、当面オンラインで開催しています。)
お問い合わせ: [email protected]

Details

Date:
November 8, 2023
Time:
11:30 am - 1:00 pm
Website:
https://notforsalejapan.org/

Venue

Online event
Japan

Organizer

ノット・フォー・セール・ジャパン(Not For Sale Japan)